引越しの時に清掃をするのは入居者の義務

引越しする時は、部屋を入居する前の状態に戻さなくてはいけません。清掃をする際、個人で掃除するか、ハウスクリーニング業者へ依頼するかの、どちらかの方法をとることになると思います。この二つの方法にはどのような特徴があるのか、まとめてみました。

部屋を掃除する方法

自分で掃除する

自分の都合が良い時に、自分のペースで掃除することができるのが、大きなメリットでしょう。なお、夜中でも掃除することは可能ですが、近隣住民に迷惑をかけることのないよう、配慮する必要があります。

業者へ依頼する

自分で掃除する場合と比べて、より確実に部屋の中がキレイになります。後でトラブルに遭わないようにするには、業者へお願いするのが一番でしょう。

引越し時の清掃はハウスクリーニング業者へ依頼すべし

人形

利用機会が多いエアコンは汚れがち

エアコンによっては、冷房だけでなく暖房の機能も搭載されているものがあるため、一年を通して利用する機会は多いです。その結果、エアコンの外部と内部にはホコリやゴミが溜まりがちです。エアコンのフィルターだけなら素人でも掃除できますが、フィルター以外の箇所にも汚れが溜まっています。フィルター以外の部分は素人が掃除するのは困難なので、ハウスクリーニング業者へ依頼して、エアコンを洗浄してもらいましょう。

洗剤

水回りは水垢やカビがついているので除去しよう

キッチンや浴室、トイレは毎日使用するエリアなので、水垢やカビが発生しがちです。個人で実施すると、ある程度までは落ちてくれますが、頑固なものは中々落ちてくれません。埼玉周辺には、腕利きのハウスクリーニング業者がいますので、ピカピカな状態に仕上げてくれるでしょう。

掃除

床はホコリや食べかすで汚れている

居間やリビング、寝室などの床はこまめに掃除していたとしても、目に見えない汚れが付着しているものです。大阪エリアには、床の汚れを落とす作業に定評のあるハウスクリーニング業者がたくさん存在していますので、どのような汚れにも対処してくれると思います。

人の手も借りよう

引越し作業というのは、想像しているよりも遥かに手間がかかります。スムーズに引越しを終えるためにも、掃除は自分一人だけやるのではなく、他の人にも協力をお願いしましょう。

広告募集中